400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/links.txt (port 80)
400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/topwin91.txt (port 80)
HOME > ユネクスイーエフ
ユネクスイーエフについて紹介します <ユネクスイーエフは医家向け医療機器です>
各モデルの仕様へ
  

ユネクスイーエフとは


ユネクスイーエフの特徴

特徴その1

長軸画像と短軸画像が同時に描出できるH型プローブ

 ユネクスイーエフのプローブは、長軸画像と2つの短軸画像を同時に描出できる特殊なH型をしています。そのため、血管走行と超音波ビームが直行となる位置にプローブを調整することが容易となりました。また、血管位置がズレた際にもどちらの方向に動いたかが分かり、血管を見失うことがありません。

特徴その2

プローブ保持
微調整可能なハイブリッドアーム

 従来の汎用超音波画像診断装置を用いたFMD測定では、プローブの保持や微調整に高度な手技が必要でした。この課題を解決するために、開発されたのがハイブリッドアームです。マニュアル操作によるプローブの広い可動域の確保と、ソフトウェア制御による微細な調整とを併せ持つハイブリッドアームにより、血管位置の「探索」、「微調整」、「保持」が可能となりました。

特徴その3

Aモード計測により
高い再現性の実現

 Bモード画像から血管径を計測する場合、表示される画素の大きさによる分解能や、検者のカーソル位置の判断による差異などが誤差要因として入る可能性があります。そこで、Bモード画像に加工する前段階、高い分解能を有するAモード信号より血管径の計測を行うことで、検者の読み取り誤差を少なくし、高い再現性が実現されました。

特徴その4

トレンドグラフで真の最大拡張径を捉える

 駆血開放後、血管が最も拡張する時間は30~90秒程度と個人差があります。一拍ごとの血管径変化をトレンドグラフで表示し、最も血管が拡張した拍を捉えることが出来ます。これにより、真の最大拡張径によるFMD値の算出を可能としています。

最新の動脈硬化検査 FMD検査装置『ユネクスイーエフ』

 1992年に『Lancet』で初めてのFMDの論文が発表されてから20年以上が経過しておりますが、FMDは高度な測定技術を要するため臨床での活用は難しい検査とされてきました。
 この課題を解決するために日本の多くの先生方のご意見が反映され、日本の技術で出来上がったのが動脈硬化検査検査(FMD検査)装置『ユネクスイーエフ』です。
各モデルの仕様へ