400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/links.txt (port 80)
400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/topwin91.txt (port 80)
HOME > トピックス > 突然死と交通事故

突然死と交通事故

突然死と交通事故  2016年2月25日大阪梅田で起こった自動車暴走による交通事故では、運転していた方が大動脈解離による突然死の可能性が高いということでした。お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りすると同時に、負傷された方々の一日も早い回復を心より願う次第です。

 日本法医学会の調査では、こうした急病死による交通事故死亡は全体の8%程度あり、その要因のほとんどが脳・心血管疾患ということです。脳・心血管疾患などにつながる動脈硬化はサイレントキラーと呼ばれ、発症するまでその兆候を把握しにくいとされていました。

 急病死での交通事故を避けるために、国土交通省がバスやトラックなどの運送業者に推奨している人間ドックを、8割以上の業者は費用がネックとなって実施していないと報告されていますが、一般の健診などを受けられていても、その兆候を見逃すと、今回の様な事故につながる可能性はあります。

 動脈硬化を起こしやすい状態の血管にあるかどうか、動脈硬化が進行していないかどうかを検査し見つけ、脳梗塞、心筋梗塞、心不全、血管狭窄などの重篤な状態へ陥らないように治療しようと推奨されているのが血管機能検査です。

 血管や血液を健康な状態に維持する役割のある血管内皮の機能を調べるFMD検査、血管壁が硬くなっていないかどうかを調べるCAVIやPWV検査、血管が詰まり始めていないかどうかを調べるABI検査、進行した動脈硬化が脳に影響しないかどうかを調べる頸動脈エコー検査などが、血管機能検査として医療機関で取り入れられています。

 脳・心血管疾患抑制のためにはより早い段階で、不健康になった血管の兆候をみつけ予防していくことが大事です。血管の健康診断を定期的に受けられることをおすすめします。

ユーザ事例 一覧