400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/links.txt (port 80)
HOME > トピックス > トピックス: 一般財団法人光ヶ丘愛世会 光ヶ丘スペルマン病院

一般財団法人光ヶ丘愛世会 光ヶ丘スペルマン病院

小倉記念病院 循環器内科

UNEXEF18VG導入インタビュー

 今回はUNEXEF18VGを導入されて間もない、光ヶ丘スペルマン病院リウマチ膠原病内科 平林泰彦先生にお話を伺いました。
〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台6丁目7番1号
一般財団法人光ヶ丘愛世会 光ヶ丘スペルマン病院
ホームページ

UNEXEF18VGをご購入されたのはいつですか

 2013年6月です。

機器をご購入された経緯を教えてください

 以前より血管内皮の機能評価が必要と感じていました。日経メディカル2013年5月号に血管内皮機能検査に関してUNEXEFが紹介されていて興味を持ちました。早速連絡をし、機器のデモンストレーションをお願いしました。職員にデモに参加してもらい、結果の悪かった方は、「最近、生活リズムが乱れていたから、運動や食生活を改善しないと…」などと話しながら、皆盛り上がっていました。デモンストレーションであれ程盛り上がったことは記憶に無く、導入を決めた理由の一つとなりました。

実際に機器を見た印象はいかがでしたか

 実際に見ると思っていたよりずっとコンパクトで、病棟のベッドサイドへも楽に持って行けるのが良いです。また、血管追尾機能があることによって操作性および再現性が良くなったことが導入の決め手となりました。

先生の患者さんでは、どのような方が対象となりますか

 主に膠原病や生活習慣病の患者さんが対象となります。

FMD検査のポイントを教えてください

 FMD検査の一番の利点はその時の血管内皮の機能が分かることだと思います。継時的に測定しながら状態を把握するだけでなく、患者さんの動機づけといった面でもとても有用だと考えています。

ユーザ事例 一覧