400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/links.txt (port 80)
HOME > FMD検査とは > 世界に翔く日本の循環器医学の発見・発明“メイド・イン・ジャパン”(1)

世界に翔く日本の循環器医学の発見・発明“メイド・イン・ジャパン”(1)

私たちユネクスが注目したFMD

血管内皮細胞から産生されるNO(一酸化窒素)が、血液循環系の重要な情報伝達物質であることが発見されました 1980年代に血管内皮細胞から産生されるNO(一酸化窒素)が、血液循環系の重要な情報伝達物質であることが発見され、1998年ファーチゴット博士、イグナロ博士、ムラド博士の3名がノーベル医学生理学賞を授与されました。1992年には血液の流れを刺激とし、この刺激により産生されるNOの多少を血管の拡張度合により評価する(FMD:Flow Mediated Dilation)検査法が発表され、それ以降この検査法の臨床的意義や有用性について数多くの論文が発表されてきました。

従来のFMD 検査は

2005 年ユネクスイーエフが開発されるまでは、FMD 検査は汎用超音波画像診断装置を使い、高度な計測技術を必要とする検査で、広く臨床の場で活用されるまでには至りませんでした。

そこでユネクスは起業しました

生活が豊かになる一方で、高血圧、糖尿病、脂質異常、肥満といった生活習慣病が増え、心血管疾患のリスクが高まっているなか、「血管を診る」重要性をメッセージとして発信しようと2003年11月に株式会社ユネクスは創業されました。
血管内皮機能検査FMDに特化した超音波画像診断装置ユネクスイーエフ

株式会社ユネクス UNEX (to provide Ubiquitous healthcare by Nobel technology for the EXcellent society)は
① ノーベル賞に裏打ちされるような科学の成果を
② だれでもが どこでも いつでも利用でき
③ 健康で思い通りのライフデザインを実現できる社会構築のために健康創造環境づくりに貢献していく会社です。

そのメッセージの第一弾が、血管内皮機能検査FMDに特化した超音波画像診断装置ユネクスイーエフです。

次へ - 世界に翔く日本の循環器医学の発見・発明“メイド・イン・ジャパン”(2)