400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/links.txt (port 80)
400 Bad Request
400 Bad Request
Please forward this error screen to 109.203.124.146's WebMaster.

Your browser sent a request that this server could not understand:

  • (none)/topwin91.txt (port 80)
HOME > ユーザー事例 > エスエル医療グループ 長谷川内科
ユーザーレポートを紹介します。

エスエル医療グループ 長谷川内科

臨床の現場から~冠攣縮性狭心症患者へのEPA投与~

エスエル医療グループ
長谷川内科

長谷川鐘三先生

 FMD検査では血管内皮機能障害の有無を簡単に調べることができます。ここでは冠攣縮性狭心症患者へのEPA製剤の影響を報告します。
 

 動脈硬化性疾患(虚血性心疾患、脳梗塞、末梢動脈疾患)、糖尿病、高脂血症などで、FMDが低下している場合、元の疾患の治療に加え、EPA製剤が極めて有効であることが知られています。EPAはNO産生を増やすeNOSの発現が上昇しており、血管平滑筋の収縮や増殖をきたすエンドセリンの発現が抑制されています。

FMD検査の有用性を禁煙外来で診る 独立行政法人国立病院機構 栃木医療センターの資料をダウンロード
エスエル医療グループ 長谷川内科の臨床の現場から~冠攣縮性狭心症患者へのEPA投与~ついてもっと知りたい方は…

右クリックで「対象を保存」でダウンロードできます。
ユーザ事例 一覧